激安中国雑貨 携帯ストラップ アクセサリー 靴下など通信販売のお店


by takouya

中国って雑貨が面白い

中国って雑貨が面白い 亀篇

何千年もの歴史の中で、人間は実に色々な物を作りつずけてきた。今の目から見ると役にたちそうもないような物も含めてだ。
f0226118_151023.jpgところで私のこだわっている亀はどうだろう。というのも亀の雑貨は世界中に多いからだ。ネコやイヌのようにワー可愛いという存在でもなく、馬のような精悍なスタイルでもない。しいていえば、甲羅のデザインと手足や首をひっこめるしぐさがユーモラスだという点ぐらいだろうか。
その亀の雑貨が、役に立つ物も立たない物も含めて世界中でつくられているぐらいだから、中国でもたくさんつくられている。というわけで私の四回の中国行の成果は、このページに入りきらないほどの亀の雑貨集団となってしまった。
アメリカや東南アジアやアフリカやロシアの亀とまざった中で、中国の亀はやはり中国を主張していで面白い。亀の中にも民族の顔が見えるのである。
亀という共通庁頂でくくると、雑貨の中に世界や文化が見えてくるというわけだ。なにしろ本物の亀は恐竜たちより古い歴史をもち、世界中に分列している。亀が長寿というのは、種ということに限っていえば、あたっているのだ。亀のあのユニークなデザインこそが長生きの秘訣だったのだろう。
よく中国では、亀はあまり縁起が良くないそうですよ、などという人もいる。しかし縁起がが悪いどころか、延命長寿のシンボルとしてたいへん愛されていた。もっとも中国では、一つの物にも必ず陰の意味を持たせるというから、きっと場合によって意味を使いわけているのだろう。
故宮の守護神には竜亀といわれる、亀の首が竜になっている物が飾られていた。当然竜亀の置物や香炉も売っている。そういえば、亀の雑貨には本当に役に立つ物がいっぱいあるのだ。というのも、亀はそのデザインの性格上、甲羅がフタになり易いのである。従って亀雑貨には、亀の香合、亀のタバコ入れ、亀の小物ケース、亀の石鹸入れなんてのがいっぱいある。
紹興では魯迅が使っていあんと同じ亀の筆立てを、魯迅博物館で売っていた。亀のかたとをしたスズリんもいっぱいある。これは雑貨というよりは、ちよっぴり高級品の部類だ。しかも役に立つ、役に立つように見えて役に立たないのは亀の格好をした墨だ。使おうと思えば使えるのだが、私にはとても使えない。
とても役に立ちそうもない亀というと、唐三彩の亀や、わけのわからない石や金属や陶器でつくられた置物風の小物たちだろう。
根付けでもなく印材でもなく線香立てでもなく水適でもなく、ようするに眺めていなさいというだけの亀なのだ。
f0226118_15113733.jpg

そういえば亀たちの素材も、人間が歴史上色々ためしてみた各種材料も見本市みたいなところがある。竹であんだ亀の大きなカゴの中につまっている私の亀たちは、各種の玉や石、木、陶器、ガラス、布、銅や鉄、貝細工といったあんぱいだ。
といった情熱で、こんなに役に立ったり立たなかったりする亀を生み出しているのか気になってしかたがない。その答えがみつかるまで、亀にこだわって買い集める人生が続きそうだ。とにかく亀は面白い。
(ヒサクニヒコ先生 中国旅行記)
[PR]
# by takouya | 2011-03-21 15:12 | 中国雑貨多幸屋
 中国結びとは中国の伝統的な組みひも技術で、非常に実用性の高い強固な結び方であると同時に、左右対称を基本とする美しい結び目は高い芸術性を有しています。基本的な様式だけで十数種類有り、そのバリエーションは無数にあります。模様の中に安全や幸福を祈願する意味を表す文字を入れたりし、部屋や車に飾ります。飾りとお守りが一緒になったといったところでしょうか。中国ではお正月や祝日など、おめでたい行事の際にこれらの華やかなつるし飾りが用いられ、開運を祈願します。
f0226118_2354751.jpg

[PR]
# by takouya | 2011-01-22 23:06 | 中華風飾り
 中国の切り絵は、一枚の紙を一本の刃物のみで切り抜くのが特徴です。よく見ていただくと切りぬかれた部分は全てつながっており、その美しく繊細なタッチに驚くことでしょう。
中国の切り絵は、動植物や神話など、様々なものがモチーフになりますが、いずれも吉兆や瑞兆(良いことが起きる前兆)を現すデザインとなっています。また古代の青銅器の文様を思わせるデザインも多く、切り絵は名も無き職人たちが、数千年にわたって伝統を受け継ぎ、洗練させてきた研鑽練磨の結晶なのです。
額に入れて飾ったり、窓やガラスに張っても素敵です。小さい切り絵は手帳やノートに張ると、見た目も華やかで美しい開運手帳に早変わりしますよ♪
f0226118_2314528.jpg

[PR]
# by takouya | 2011-01-22 23:02 | 切り絵
 昔から中国や日本では玉石文化があり、天然玉石、翡翠の飾り物(ストラップ・つるし飾り・さがり物・ブレスレット)は病気を防ぎ、幸運を呼ぶ厄除けという意味で、皇族や一般市民の間でも広く親しまれてきました。
現代では携帯電話の普及に従い、携帯ストラップとしても玉石は愛されています。特に、職人の手技で仕上げられた玉彫刻携帯ストラップは中国でとても人気があります。
多幸屋では、かわいらしい携帯ストラップを豊富に、かつ格安で取り揃えております。
他の商品と同梱しても送料無料、よりどり4個ならメール便送料無料です。
ご家族やお友達とおそろいの幸運ストラップはいかがですか?この機会にぜひどうぞ♪

[PR]
# by takouya | 2011-01-22 22:56 | 天然石携帯ストラップ

中国の古都西安(長安)から届きました影絵芝居人形です。中国の影絵芝居は薄いロバや牛の皮で作った人形を白幕のうしろで操り、灯火を当たてて、幕上に投影して楽しめる民間芸術の一種です。中国の文化旅行の中心都市西安における中国隆盛衰退の千年間が重厚な歴史解釈と奥深い芸術的な影絵芝居が盛んでいて、今でもたいへん人気があります。影絵芝居の発祥地と言われています。西安の影絵芝居の魅力は切った線の美しさに加えて、影絵をうつしだす光の透き通るような美しさにあります。光は影を生み出す母でもあり、この光のあたたかで爽やかな透明感が、みる人々の心の中にそれぞれ夢と幻想を呼び起こしてくれます。西安の影絵芝居人形の製作は精密かつ巧みで、中国では人々にとても好評されています。その製作の過程はまず牛革またはロバの皮を特性な液体に浸した後で、かすめを取り、半透明の形をすくって、それから彫刻、磨き加工、着色、絵画、アイロンをかけ、つなぎ合わせなどなどの工程を通して出来上がります。
[PR]
# by takouya | 2011-01-14 06:22 | 民間工芸品